「いとうせいこう」とは?

関連ニュース

いとうせいこうの新トークイベント始動、初回ゲストにレキシ&MOBY - 01月23日(火)16:38 

いとうせいこうのレギュラートークイベント「せいこうHOUSE」が始動。第1回が彼の57歳の誕生日である3月19日に東京・CBGKシブゲキ!!で開催される。
カテゴリー:

永江朗・いとうせいこうのトークイベント「本から読み解く近代史」が泣けた<ライター・山田ゴメス> - 01月19日(金)15:51 

 読者の皆さんは、「永江朗」という人のことをご存じだろうか?  一般的には馴染みが薄いのかもしれないが、僕ゴメス記者らが身を置く出版界では「知らなかったらモグリ!」と断言してもよいほど著名で敏腕な編集者兼フリーライターで […]
カテゴリー:

北原里英、4・14に新潟朱鷺メッセで卒コン 前日にはNGT単独コンサートも開催 - 01月13日(土)21:35 

 アイドルグループ・NGT48のキャプテンである北原里英が13日、東京・後楽園のTOKYO DOME CITY HALLで開催された『NGT48 単独コンサート~未来はどこまで青空なのか?~』に出演。今年の春をめどにグループからの卒業を発表していた北原だが、4月14日、NGT48の本拠地である新潟・朱鷺(とき)メッセで卒業コンサートを開くことがサプライズ発表された。前日13日は念願の同所でのNGT48の単独コンサートの実施も決定し、北原はじめ、柏木由紀、荻野由佳らは歓喜の涙を流した。  アンコール後の特報としてまず、朱鷺メッセでの単独ライブが発表されるとメンバーは絶叫の嵐。続いて北原の卒業コンサートについての映像が流れると自身も知らなかった北原は涙で頬を濡らし、柏木も目を真っ赤に晴らして喜んだ。北原は「新潟でずっとやりたかった単独ライブができることもすごくうれしいですし、自分なんかが卒業コンサートをやってもらえるなんて…」と感極まると、ファンからはあたたかい拍手が送られた。  荻野は「超楽しい2日間にしたいと思いますし、里英さんを笑顔で新潟で送り出したいのでぜひ足を運んでくれたらうれしいです!」とアピール。最後に北原は「このメンバーで朱鷺メッセに立てるのを楽しみにしてるので2018年もNGT48と歩んでください」とあいさつ。「朱鷺メッセで待ってるからね~!」と元気よく呼びかけて...more
カテゴリー:

永江朗・いとうせいこうのトークイベント「本から読み解く近代史」が泣けた<ライター・山田ゴメス> - 01月19日(金)15:51 

 読者の皆さんは、「永江朗」という人のことをご存じだろうか?  一般的には馴染みが薄いのかもしれないが、僕ゴメス記者らが身を置く出版界では「知らなかったらモグリ!」と断言してもよいほど著名で敏腕な編集者兼フリーライターである。  なにを隠そう、ゴメス記者がまだ駆け出しのイラストレーターだったころ、一番最初に僕のイラストを起用してくれて、ちょっぴりホメてもくださったのが永江さんで、以降、ライターに転身してからも(一応、イラストもまだ営業中ではあるのだがw)、硬軟問わない豊富な知識量と圧倒的かつフレキシブルな文章力、それに縦横無尽に張り巡らされた多彩なネットワークにいまだ心酔し続け、唯一(勝手に)「師匠」と仰いでいる敬愛すべき人物だったりする。  そんな永江さんが、去年WAVE出版から刊行された『日本の時代をつくった本』(9000円+税)という大型書籍を監修。  その記念イベントとして2017年12月14日、あの、いとうせいこう氏を迎えてトークショーを開催する(日比谷図書館文化館B1・日比谷コンベンションホール)という情報をキャッチ! 通常なら、この手のイベントにはとんと顔を出さない物臭なゴメス記者ではあるけれど、久々に「師匠」と会いたい一心で……いそいそと若いねえちゃんを引き連れ、足を運んでみた次第である! 「永江朗・いとうせいこうが語る  本から読み解く近代史  日本...more
カテゴリー:

北原里英、スタントなしの熱演 共演者が絶賛「座長としての根性を感じた」 - 01月18日(木)20:19 

 アイドルグループ・NGT48の北原里英(26)、ピエール瀧(50)、リリー・フランキー(54)らが18日、都内で行われた映画『サニー/32』(2月17日公開)の完成披露舞台あいさつに出席した。  同作は、新潟のある町を舞台に、拉致や監禁といった衝撃的な展開がサスペンスフルに繰り広げられる。そのほか門脇麦(25)らが共演し、白石和彌監督(43)がメガホンをとった。  主演の北原は、24歳の誕生日に突然、拉致される中学校教師という役どころ。「自分に出来るか、不安に思うシーンがあった」と本音を漏らしつつ「撮影に入ると、皆さんに引っ張ってもらって『サニー/32』の世界に連れて行ってもらいました」と、共演陣に感謝した。  劇中では、雪原を生足で歩くシーンや、顔を殴られ、舐められるなど、衝撃的なシーンが続いたが“スタントなし”の体当たりで熱演。白石監督も「こうしてほしいということを真っ直ぐに受け入れて、演じてくれた」と賞賛の声を送った。  現役アイドルらしからぬ熱演ぶりに、共演のリリーが「本来、スタントの人がやるところを全部自分でやっていた。過激なシーンを撮ったあとに泣いていた。怖くて泣いてる人は初めて見た。座長としての根性を感じましたね」と太鼓判を押すと、瀧も「トム・クルーズか、北原里英かみたいな感じ。たまたま死ななかっただけ」と労っていた。  北原も過酷な撮影現場を振り返り「思...more
カテゴリー:

NGT48、2日連続でギネス新記録 最速でおにぎり100個 - 01月10日(水)05:00 

 新潟を拠点とするアイドルグループ・NGT48が9日、2日間連続でギネス世界記録を樹立した。8日の「1時間で押された最多手形ペイント」で1231人の新記録を作ったNGT48はこの日、新潟市内のNGT48劇場で「100 個のおにぎりを作る最速時間」に挑戦。メンバー22人、今村悦朗劇場支配人らスタッフ3人の計25人で、おにぎり100個を4分39秒62で握り、ギネス世界記録に認定された。 【写真】「100個のおにぎりを作る最速時間」に挑戦したNGT48  10日にNGT48劇場オープン2周年を迎えるNGT48は、8日・9日の2日間で2つのギネス世界記録に挑戦。この日は米どころらしく、新潟のブランド米「新之助」で「100個のおにぎりを作る最速時間(Fastest time to make 100 rice balls(team))」にチャレンジした。  1つ100グラム以上、形を統一させる(今回は丸形)、外から具材が見えないようにするなどの厳しい審査基準があり、標準記録5分以内が条件。昨年末から何度か練習を積んできたメンバーは気合十分で臨んだが、白米をおひつから取り出す際にメンバー同士がぶつかったり、おにぎりの大きさがバラバラだったりと、終始ドタバタ。悪戦苦闘しながら何とか100個のおにぎりができあがったものの、崩れないように握り直すなど、標準時間の5分いっぱいまで使い切った。  ...more
カテゴリー:

「いとうせいこう」の画像

もっと見る

「いとうせいこう」の動画

Wikipedia

いとう せいこう(本名:伊藤 正幸(読み同じ) 、1961年3月19日 - )は、日本の俳優小説家お笑いタレント作詞家、ラッパー、ベランダーとして幅広く活動するクリエイター。株式会社エムパイヤ・スネーク・ビルディング取締役。2008年3月より株式会社キューブに所属。身長169cm、体重63kg。

経歴・人物

葛飾区鎌倉町出身。父の伊藤郁男は元参議院議員民社党政審副会長を務めた。

東邦大学附属東邦高等学校を経て、早稲田大学法学部を卒業。在学中からピン芸人として活動を始める。1984年、大学卒業後は講談社に入社。ホットドッグ・プレスなどの編集部を経て、1986年退社。ヒップホップMCとして活動する傍ら、執筆活動も行い、1988年に発表した処女小説...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる