「いじめ」とは?

関連ニュース

SNSでのうわさと人種差別に苦しんだ15歳の少女、自ら命を絶つ - 11月24日(金)11:36 

元彼とのプライベート写真にまつわるうわさや、髪の毛が縮れているという人種差別がいじめの原因だった。 View Entire Post ›
カテゴリー:

社会に出たら大変? 親から叱らない教育をうけた子供の末路3選 - 11月24日(金)09:00 

子供がのびのび育つ…などとメリットがいろいろあげられている「叱らない教育」。だが中には、叱られずに自由に育ちすぎたせいで、いざ大人になった時に困る人もいるようだ。しらべぇ取材班は、「叱らない教育を受けた人が身近にいる」という男女に話を聞いてみた。(1)我慢ができない子「元カノが親から一度も怒られたことがないという子でしたが、20歳を過ぎているのに、欲しい食べ物が売切れだった…とか、気に入らないことがあるだけで、街中で子供のようにかんしゃくを起こして泣きわめいており、3歳児と変わらないような子でした。厳しく接しなかったから、心が成長しなかったのかな」(男性・27歳)(2)暴力を振るう子「子供の保育園に叱らない教育をしているお母さんがいますが、息子が友達に手をあげても、『つよ〜い! カッコいい!』などと褒めまくっていて呆れます。そうやって叱られないから、子供ながらに『暴力=いいこと』だと思っていて、目を輝かせながら乱暴しまくっていて。将来は、DV男にでもなりそう」(女性・34歳)(3)社会に適応できない子になる「男友達に親から叱られずに大事に育てられた子がいますが、大学までは順風満帆でしたが、社会に出てからうまくいかなくなり、今では引きこもりになっています。自分の好きなようにできる学生時代までは楽しく生きてこれたけれど、叱られる免疫がなかった彼は社会に出たら適応...more
カテゴリー:

「もう小学生になったのに」はNG!? ママが知っておきたい心得 - 11月23日(木)21:30 

source:https://www.shutterstock.com/ 就学前の子どもたちは「できないのが当たり前」「ママが守ってあげなくちゃ」「失敗して泣いていても、どうしてこんなにかわいいのだろう」と何があっても許せた気がしますよね。 けれど、小学生になった途端「もう小学生になったのだから、これくらいちゃんとできてよ……」と思うように。このように、子どもが小学生になると「子どもにガッカリしてしまいます。」というお悩みを聞くことが多くなります。 そこで今回は、塾講師ライターである筆者が経験を元に、「子どもはこういうものだ」と特徴をお話します。これを知っておくだけでも、グっと子育てがラクになりますよ。 急にお利口にはならない!小学生も「失敗やケンカ」をたくさんして学ぶもの source:https://www.shutterstock.com/ 「小学生になった途端、急にお友だちとのトラブルが増えて、学校から連絡が来ることも増えました……。」筆者の周りでは、そんな声を聞くこともあります。 子どもは心も体もぐっと大きくなって来る学童期には、体力や考える力がつきできることが増えます。 しかし、だからといって大人のように冷静に色々考えて行動するようになる……なんてことはありません。 「これ、やってみたらできるかも!」「楽しそう! やっちゃえ!」となりふり構わず、危険かどうかも考え...more
カテゴリー:

親権はどうする? 離婚時に親が子供にしたヒドすぎる行動3選 - 11月23日(木)18:30 

離婚をすれば、夫婦はただの他人に戻るだけだ。しかし子供にとっては、どちらも血の繋がった大事な親であり、親の離婚によって人生に影響を及ぼすほど傷つく子もいるという。中には、そんな離婚後の我が子の複雑な気持ちも考えずに、さらに自分勝手な行動をして子供の人生を壊す親もいるのだとか。(1)父親の悪口を子供を吹きこみ嫌うように仕向ける「かなり険悪になった末に離婚した友人夫婦。妻側が子供を引き取っていたんですが、どちらかというと彼女のワガママがきっかけで離婚に至ったのに…。彼女は子供に父親の悪口ばかりを言い、『お父さんは嫌い! ママ大好き』という状態にさせていて。これも一種の洗脳で虐待なのでは…と心配です」(女性・33歳)(2)子供を引き取りたがらず寮のある学校へ入れる「友人に中学生の時に友達の両親が離婚した子がいるのですが…。その子の父母どちらにも新しいパートナーがいるため友人を引き取りたがらなかったみたいで、地方の寮がある学校に無理やり入れられていた子がいました。今でもたまにその子と会うことがあるんですが、親の気持ちもきちんと理解できる多感な時期に両親に捨てられたせいか、精神的にちょっと危なくて可哀想です…」(女性・26歳)(3)「相手に渡したくない」という理由だけで親権を争う「離婚をした時に、自分が子供を育てたいから…ではなく、...more
カテゴリー:

<仙台中学生自殺>いじめ専門委の臨時委員4人を正式決定 - 11月23日(木)10:01 

仙台市青葉区の折立中2年の男子生徒(13)が教諭から体罰を受けた上、いじめを訴えて4月26日に自殺した問題を巡り、市教委は22日の臨時教育委員会で、原因の調査や再発防止の提言をする第三者機関「いじめ問
カテゴリー:

伊藤詩織さん明かすレイプ告白の反響「女性からの非難も…」 - 11月24日(金)11:00 

「レイプって聞くと、すごく異常な人がする行為だという認識があると思うんです。でも、私が被害を警察に相談しに行ったとき、『よくある話だ』と言われて、驚きました。本当は、よくある話であってはいけないのに」 そう話すのは、自身が受けたレイプ被害について記した著書『Black Box』(文藝春秋)を先月、出版したジャーナリストの伊藤詩織さん(28)。詩織さんは、アメリカの大学でジャーナリズムを学んだあと、日本の通信社でインターンをしていた。 '15年4月3日、アメリカ滞在時に面識のあった元TBSワシントン支局長の山口敬之氏と会食。その後意識を失い、レイプ被害を受けたと訴えた。山口氏から支局での採用の話を受け、ビザの相談をしている中での出来事だった。 その後、詩織さんは被害届を提出。'15年6月には、“準強姦罪”(※1)の容疑で逮捕状が発布されたが、警視庁刑事部長(当時)から異例の“待った”がかかり、逮捕は見送りに。山口氏は'16年7月、不起訴となった。 詩織さんは今年5月、名前と顔を公表して記者会見を開き、検察審査会(※2)に審査申立を行ったが、不起訴相当の議決が出た。そして、「同じような被害に遭う人をなくしたい。そのためのキッカケになれば」と、詩織さんは自身のレイプ被害をすべてさらけ出し、出版に踏み切ったのだ。 「レイプのような性...more
カテゴリー:

【テレビ】<立川志ら>貴乃花親方は「組織人として処分されればいい」 無用に責める風潮に苦言 - 11月23日(木)21:58  mnewsplus

落語家の立川志らくが23日、TBS系の「ひるおび!」に出演し、横綱日馬富士の暴行事件で、貴乃花親方が被害者で弟子の貴ノ岩への日本相撲協会による事情聴取を断ったことについて言及した。「組織人として貴乃花親方は処分されればいい」とした上で、「こっちを悪者にしようというのは良くないと思う」と意見を述べた。 【写真】立川志らく 53歳で次女誕生していた  貴乃花親方は九州場所が開催されている福岡国際センターで22日に、相撲協会の八角理事長から協会の危機管理委員会による事情聴取に貴ノ岩が応じるよう求め...
»続きを読む
カテゴリー:

結婚すると喧嘩が増える理由はコレ!脳科学が明かす、ずっとラブラブでいるコツ - 11月23日(木)19:30 

ラブラブなはずのカップルが、結婚したとたんに些細なことで喧嘩が絶えなくなってしまう。悲しいかな、ちょくちょく耳にするケースです。 脳科学者の中野信子さんいわく、この原因は「いじめとよく似ています」とのこと。 『ヒトは「いじめ」をやめられない(小学館新書)』の著者・中野さんへのインタビュー。第3回は、いじめのメカニズムからひも解く「恋愛・結婚を長続きさせるコツ」を伺いましょう。 ▼喧嘩やいじめを助長させるのは…実は「愛情ホルモン」 「いじめとカップルの喧嘩は、(行為そのものではなく)発生するメカニズムがとてもよく似ています。どちらも距離が近すぎること、オキシトシンが過剰に出てしまっていることが原因です」 オキシトシンとは、「愛情ホルモン」とも呼ばれる脳内物質。脳に愛情や親近感を感じさせてくれるホルモンです。誰かと一緒にいると安心するのは、オキシトシンがたくさん出ている証拠。ならたくさん出せばいいんじゃないの、と思ってしまいますが……。 「オキシトシンが出過ぎると、嫉妬やいじめを助長してしまうんです」 えっ、出過ぎるのも良くないんですか?   ▼結婚相手に腹が立つのは「仲間だから」 熱血コーチの率いる部活や、ずっと一緒の仲良しグループ。こうした親密な集団にいると、人は些細な違和感にも敏感に反応するようになります。 “仲間なのに、なぜ同じことをしないの?” “仲間なのに、どう...more
カテゴリー:

【千葉】<館山中2自殺>調査委に当事者の親 生徒父「隠蔽目的か」 - 11月23日(木)12:33  newsplus

千葉日報 11/23(木) 11:07配信 千葉県館山市で2008年9月に当時中学2年の男子生徒が自殺した問題で、 自殺といじめの関連を調べる第三者調査委員会の事務局を務める市の担当課長男性(54)の息子が、男子生徒が所属する野球部の部員だったことが22日、分かった。 調査対象となる可能性もある元生徒の父親が委員会の中枢にいた形で、父親(62)は「隠蔽(いんぺい)したいがために委員会を作ったとしか思えない」と批判。 市の考えを問う金丸謙一市長宛ての文書を同日提出し、口頭と文書での回答を求めた。 野球部内では、男子生徒...
»続きを読む
カテゴリー:

<いじめ対策>仙台市長「施策の取捨選択必要」 - 11月23日(木)09:56 

仙台市は22日、総合教育会議を市役所で開き、いじめ防止対策や教員の多忙化など市の教育課題について協議した。郡和子市長が初めて出席し「これまでの施策は多岐にわたる。スクラップ・アンド・ビルドにも取り組ま
カテゴリー:

もっと見る

「いじめ」の画像

もっと見る

「いじめ」の動画

Wikipedia

いじめ(苛め、虐め、イジメ)とは、「肉体的、精神的、立場的に自分より弱いものを、暴力差別、いやがらせなどによって一方的に苦しめること」である松村明(監修)小学館国語辞典編集部(編)大辞泉小学館。。いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)第4条にて、いじめは禁じられており、同法第25条にて加害児童等に対する懲戒処分出席停止についても言及されている。

定義 いじめ認定の要件

学校や第三者委員会が「いじめ」を認定する際には、「立場の互換性がない」、あるいは「力関係の差」が存在することを要件とする記述も散見されるたとえば、共同通信大阪社会部大津中2いじめ自殺PHP新書、2013年、83-85頁。つまり、「いじめる」側と「いじめられる」側がしばしば互いに入れ替わったり、「強い」立場の者が「弱い」立場の者をいじめるという構図にあてはまらない場合には、じゃれあいやケンカなどとみなされる場合もある。なお、ここでいう「強い」「弱い」という言葉は、腕力や発言力などを指すものではなく、あくまでも集団内での「立場」を指し、たとえば発言力の強い者がまさにそれゆえにいじめの対象となることもありうるこのほかのいじめの定義については、武...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる