「いがらしみきお」とは?

関連ニュース

錦戸亮主演『羊の木』を手掛けた吉田大八 監督「僕の映画を新たな場所に連れて行ってくれた気がする」 - 01月18日(木)13:21 

(C)2018『羊の木』製作委員会 (C)山上たつひこ、いがらしみきお/講談社 『桐島、部活やめるってよ』(2012)で日本アカデミー賞最優秀作品賞・最優秀監督賞をW受賞、『紙の月』(2014)では同優秀監督賞を手にするなど日本映画のトップランナーとして注目される吉田大八監督の最新作が、2月3日公開の『羊の木...
カテゴリー:

吉沢亮やフレッシュなジャニーズ出演作に注目!2018年の漫画実写化映画 - 01月09日(火)16:32 

いまや日本映画の主要ジャンルとなった漫画原作映画。2018年もラブコメからシリアスドラマ、スリラー、アクション大作まで、話題を集めそうな作品が控えている。 【写真を見る】『桐島、部活やめるってよ』(12)の吉田大八監督が手掛ける衝撃作『羊の木』(2月3日公開)/[c]2018『羊の木』製作委員会 [c]山上たつひこ、いがらしみきお/講談社 ■ ポスト山崎賢人?吉沢亮に注目 18年の漫画原作映画のキーパーソンとなりそうなのが、昨年『銀魂』や『斉木楠雄のΨ難』に出演した吉沢亮だ。河原で死体を見つけた高校生たちの人間模様を描く『リバーズ・エッジ』(2月16日公開)では、イジメの被害に遭うゲイの高校生に扮し、両親の再婚を機に同居することになった高校生男女の恋愛模様を描く『ママレード・ボーイ』(4月27日公開)では、勉強、スポーツ、料理までこなすが女性に奥手な王子キャラを爽やかに演じている。その他、18年公開の『あのコの、トリコ。』に主演するなど4本の漫画原作映画が控えている。 ■ フレッシュなジャニーズ出演作が続々登場 一方、漫画原作映画のメインストリームである青春ドラマ&ラブストーリーでは、ジャニーズ事務所所属の若手たちの活躍も目覚ましい。 『プリンシパル 恋する私はヒロインですか?』(3月3日公開)で映画初主演を務めるのは、ジャニーズWESTの小瀧望。友情に厚いが恋愛には不器用なオレ様...more
カテゴリー:

錦戸亮は「受ければ受けるほど輝くスター」 吉田大八監督が語る俳優としての魅力 - 01月10日(水)15:00 

 人気グループ・関ジャニ∞の錦戸亮が主演する映画『羊の木』(2月3日公開)。『桐島、部活やめるってよ』、『紙の月』などで知られ、同作のメガホンをとった吉田大八監督は、以前より「ある種の不思議な力を感じていた」という錦戸の俳優としての魅力を語った。 【場面カット】映画『羊の木』に出演する木村文乃、松田龍平ら  同作は、山上たつひこ氏原作・いがらしみきお氏作画の同名漫画を実写化。さびれた港町を舞台に、国家の極秘プロジェクトとして殺人を犯した元受刑者である男女6人を受け入れたことをきっかけに、町の日常が変化していく様が描かれる。  主人公は、思いがけず元受刑者の受け入れ担当者になってしまった、どこにでもいそうな“普通”の気のいい市役所職員・月末。吉田監督は「実際に演じるのはかなり難しい役。彼自身の個性より、むしろ強烈すぎるキャラクターたちに囲まれ、最初から最後までいかに翻弄され続けるか、が見せ場になる役どころ」と説明し、「逆に言うと物語の軸となる普通っぽさがブレないからこそ、観客は初めて『羊の木』という奇妙な物語に入り込める」と、“普通”からこそ、主人公としての存在意義があることを明かした。  そんな難役である月末を錦戸が演じ、木村文乃が扮する月末が想いを寄せる同級生や、松田龍平、北村一輝、優香、市川実日子、水澤紳吾、田中泯が扮する個性的な元殺人犯たちの間での戸惑いや揺れを表現し...more
カテゴリー:

【芸能】18年も木村文乃の快進撃が止まらない!アラサー毒女に女性弁護士、多彩な役に挑戦 - 01月04日(木)08:05  mnewsplus

2018年1月4日 06:00 18年も木村文乃の快進撃が止まらない!アラサー毒女に女性弁護士、多彩な役に挑戦 [映画.com ニュース] 多数の映画やドラマに出演し、人気とキャリアを積み重ねてきた実力派女優・木村文乃の勢いが止まらない。2018年は、「伊藤くん A to E」で岡田将生とともに主演を担うほか、吉田大八監督と錦戸亮が初タッグを組んだ映画「羊の木」、松本潤の主演ドラマ「99.9 刑事専門弁護士 SEASONII」ではヒロインを務める。 04年に、映画「アダン」のオーディションでヒロイン役を射止め、女優デビューを果たした木...
»続きを読む
カテゴリー:

「いがらしみきお」の画像

もっと見る

「いがらしみきお」の動画

Wikipedia

いがらし みきお(本名:五十嵐 三喜夫、1955年1月13日- )は、日本男性漫画家まんがseek・日外アソシエーツ共著漫画家人名事典日外アソシエーツ、2003年2月25日初版発行、ISBN 4-8169-1760-8、30頁。宮城県加美郡中新田町(現:加美町)出身、仙台市在住ニュース! いがらし先生がNHK「マンガノゲンバ」に出演!!(ぼのぼのといがらしみきおの総合情報サイト「ぼのねっと」 2008年7月16日)
いがらしみきお×塩山芳明トークイベント(Book! Book! Sendai)。代表作にぼのぼの忍ペンまん丸など。

経歴

幼少期に難聴を患う。そのことが自身の作品や考え方に大きく影響をすることになるノンフィクションW 漫画で人間社会を問う ~東北の異端・いがらしみきお~より。高校中退後、広告代理店・印刷所勤務を経て、1979年に雑誌エロジェニカに投稿した「80,その状況」で、24歳で漫画家デビューを果たす。その後、4コマ漫画雑誌に連載された「ネ暗トピア」が大ブレイク。過激なギャグに加え、予想のつかない展開と奇抜なアイディアなど従来の4コマ漫画の世界に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる